【ベビーライフ研究所】プレグナクト郵送精子検査キット

なかなか妊娠できなくて悩んでいるカップルが不妊治療を始めるきっかけ

「不妊」の定義が、「2年→1年」に変更されてからしばらく経ちました。

 

この定義が変更された背景としては、1年間タイミング法を試してみて授かれない場合に
そこからあと1年、2年にかけて試してみても”結果は変わらないことが多い”という理由からです。

 

不妊治療を目的として、病院を訪れる人カップルの「訪れるタイミング」はそれぞれであり
半年で訪れる人もいれば、5年10年経ってから訪れる人もいます。

 

「授かりものだから」という理由もあり、
タイミング法をしっかり実践している人もいれば、そうでない人もいます。

 

そうは言っても、病院に行くからには”自分達なりに”頑張ったカップルがほとんどだと思います。

 

また、遅くなった事情として「自分の体に欠陥が見つかるのが怖い」などの理由も多いです。

 

「確率」はカップルによって差があって当たり前のもの

 

仮に、”不妊治療を受ける必要がない”不妊の要因のないカップルが
タイミングをばっちり合わせて夫婦生活をしたとしても・・・

 

<自然妊娠>する確率は、

  • 20代女性で30%前後
  • 30代女性で20%前後
  • 40代前半女性で10%前後
  • 40代後半女性で5%前後

 

と言われています。

 

つまり、単純計算で「1年で12回」訪れる排卵日を考慮すると
20代30代の女性であれば、1年で2、3回は妊娠できることになります。

 

しかし、人間の体・仕組みはそんな単純なものではありません。

 

排卵日にたまたま調子が悪く、体の準備がきていない場合もあれば
排卵日の計算を間違っていることもあります。

 

ちなみに、卵子が受精できる”受精可能”な期間は
排卵日を中心として、前後2日の5日間程度に限ります。

 

「生理期間以外ならいつでも妊娠できる」

 

と、考えている人もいるようですが”可能性”がある日は限られています。

 

「できるだけのこと」を”やってから”病院に行くべき

 

自分達なりにタイミング法を試す場合、まずは「基礎体温」を正確につけるなど
タイミングを徹底して予想するところから始めましょう。

 

それさえしないで、スグに病院に行くのはあまり得策とは言えません。

 

半年経っても授かれないようであれば、まずはサプリや漢方を試してみることをおすすめします。

 

そこから、1年ほど試してそれでも駄目なら病院を訪れてみましょう。

 

つまり「1年半」は、しっかりと自分達で努力してみましょうということです。

 

その理由としては、

  • 金銭的な問題
  • 精神的な問題

 

以上の2つを挙げることができます。

 

不妊症の定義が2年から1年に短縮した理由から
「1年頑張って駄目でした」と言う場合に、すぐに「人工授精」を検討される可能性もあります。

 

人工授精は、1回で「2万円前後」かかってしまうものであり
もしも、今まで「たまたま」タイミング法がうまくいかなかっただけで
”あと少し”頑張れば自然妊娠できた可能性もあります。

 

また、不妊治療は精神的な負担も多いため
逆にストレスになり、生理不順などを起こすケースもあります。

 

そうなった場合、金銭的にも倫理的にも負の思いが残ってしまいます。

 

妊活サプリは、その他の美容系のサプリに比べ少し高価であることは確かですが
通院に比べれば低価格であり、出産までと限定的なことがほとんどです。

 

しかし、これらの方法で注意しておくべきことは
3年、5年という期間では長すぎるということです。

 

サプリ+タイミング法は、あくまで”期間を決めて”試しましょう。

page top